タンゲレチン Tangeretin (ポリフェノール フラボノイド)

タンゲレチンとは?

タンゲレチン Tangeretin はフラボノイドの 一種で、苦みのある味の成分です。
タンゲレチンという名前は、ポンカン(tangerine:タンジェリン)から来ています。 ポンカンなど柑橘系フルーツの皮に含まれています。

タンゲレチンの効果・作用

抗酸化作用、抗炎症作用、抗がん作用、抗腫瘍形成作用、コレステロール抑制作用、神経保護作用などがあります。
知られている副作用はありません。

タンゲレチンの含まれる食品

(皮の部分に最も多く含まれています。)