コーヒー酸 Caffeic acid (ポリフェノール ヒドロキシケイ皮酸)

コーヒー酸とは?

コーヒー酸 (桂皮酸)Caffeic acid はヒドロキシケイ皮酸類の抗酸化物質の一種です。 黄色〜薄茶色をしています。
コーヒー、ワイン、フルーツ特にベリー類、ハーブなど幅広い食品に含まれています。 フルーツでは、特に熟した果実の皮の部分に多く含まれています。

コーヒー酸の効果・作用

抗酸化作用、抗炎症作用、抗がん作用、抗腫瘍形成作用、糖尿病予防、抗菌作用、抗HIVなどの作用があります。 また、脂肪燃焼効果やスポーツの後の疲労回復作用があると言われています。
特に副作用などはありません。

コーヒー酸の含まれる食品