抗酸化作用のある食品 パプリカ

パプリカ にはA、B6、葉酸、C、Eなどのビタミンが含まれています。

パプリカは辛みの無いトウガラシの栽培品種ですが、辛さのバラエティが国によって違います。

にんにく

パプリカに含まれる抗酸化物質

パプリカには抗酸化成分であるポリフェノール類のヘスペリジン、カロテノイド類のβカロテン、ゼアキサンチン、ルテイン、カンタキサンチンなどが含まれています。

パプリカの栄養成分と効能、食べ方

パプリカの栄養成分と効能や利用法のまとめ

原産地 ハンガリー
plant ナス科トウガラシ属
主なビタミン A、B6、葉酸、C、E
主なミネラル  
効能
  • アンチエイジング(老化予防)
  • 免疫力の改善
  • 疲労回復作用
  • 美肌効果
  • がん予防
  • 心筋梗塞予防
  • 心血管疾患予防
  • 動脈硬化予防
  • 高血圧予防
  • 風邪予防
抗酸化物質 ビタミン:A、C、E
ポリフェノール:ヘスペリジン
カロテノイド:βカロテン、ルテイン、ゼアキサンチン、カンタキサンチンなど
利用法・食べ方 パエリアなどの米の色づけ、スープ、シチュー、煮込み料理、魚料理や肉料理

パプリカ よもやま話し

パプリカに含まれるヘスペリジンはビタミンPとも呼ばれていて、ビタミンCを壊れにくくする働きを持っており、 加熱調理してもビタミンCが失われにくくなります。





抗酸化作用抜群の食品 抗酸化作用抜群の食品

抗酸化物質を含む食品メニュー