抗酸化作用のある食品 オレガノ(ハナハッカ)

オレガノ にはマンガンやビタミンKなどが含まれています。 オレガノは多年草で香辛料として使用されるハーブです。

オレガノはORAC(酸素ラジカル吸収能力) で、ナンバー5を誇る程の抗酸化物質が含まれたハーブです。

オレガノ

オレガノに含まれる抗酸化物質

オレガノには抗酸化成分であるカルバクロール、ポリフェノール類のロスマリン酸などが含まれています。 ハーブ類の中では最も高濃度のフェノール合成物が含まれています。スプーン一杯の生のオレガノは、りんご一個分の抗酸化物質を含んでいると言われています。

オレガノの栄養成分と効能、食べ方

オレガノの栄養成分と効能や利用法のまとめ

原産地 地中海沿岸地方
plant シソ科ハナハッカ属
主なビタミン K
主なミネラル マンガン
効能
  • 花粉症対策
  • アンチエイジング(老化予防)
  • 免疫力の改善
  • 抗炎症作用
  • がん予防
  • 心筋梗塞予防
  • 心血管疾患予防
  • 動脈硬化予防
  • 高血圧予防
  • 糖尿病予防
抗酸化物質 カルバクロール
ポリフェノール:ロスマリン酸、カルバクロールなど
利用法・食べ方 肉、野菜、魚、ピザなどのイタリア料理、ケバブや羊肉などのトルコ料理、ギリシャサラダ、など

オレガノ よもやま話し

「医学の父」ヒポクラテスは、オレガノを消毒薬や胃や呼吸器系の病気の治療に使用したそうです。





抗酸化作用抜群の食品 抗酸化作用抜群の食品

抗酸化物質を含む食品メニュー