抗酸化作用のある食品 ニンニク(ガーリック)

ニンニク にはB1、B5、葉酸、Cなどのビタミンや、カルシウム、鉄分、マグネシウム、マンガン、セレン、リン、カリウム、亜鉛などのミネラルも含まれています。

ニンニクは世界中で様々な料理に香辛料などに利用されているますが、強い悪臭(口臭・体臭)の元になると敬遠さられてしまう事もある食材です。

にんにく

ニンニクに含まれる抗酸化物質

ニンニクには抗酸化成分であるリモネン、オレアノール酸、アリシン、アリインなどが含まれています。

ニンニクの過剰摂取は胃腸障害を含めた副作用を起こしうるので、食べ過ぎには注意しましょう。

ニンニクの栄養成分と効能、食べ方

ニンニクの栄養成分と効能や利用法のまとめ

原産地 中央アジア
plant ヒガンバナ科ネギ属
主なビタミン B1、B5、葉酸、C
主なミネラル カルシウム、鉄分、マグネシウム、マンガン、セレン、リン、カリウム、亜鉛
効能
  • 抗炎症作用
  • 消化促進効果
  • アンチエイジング(老化予防)
  • 免疫力の改善
  • 疲労回復作用
  • 抗腫瘍形成
  • がん予防
  • 心筋梗塞予防
  • 心血管疾患予防
  • 動脈硬化予防
  • 高血圧予防
  • 殺菌作用
  • 風邪予防
  • 強壮作用
抗酸化物質 リモネン、オレアノール酸、アリシン、アリインなど
利用法・食べ方 ペスト、パスタなどのイタリアン料理、キムチ、肉/野菜/魚などの料理の香辛料など

ニンニク よもやま話し

ニンニクはエジプトでギザのピラミッドが造られている頃から食材や薬として使用されて来た植物です。
「医学の父」ヒポクラテスは消化不良や呼吸器系の病気、消化不良や体力不足、などにニンニクが効果があるとしていたそうです。





抗酸化作用抜群の食品 抗酸化作用抜群の食品

抗酸化物質を含む食品メニュー