抗酸化作用のある食品 カレー粉

カレー粉 は、クミン、コリアンダー、カイエンペッパー、ターメリック、サフラン、パプリカ、 胡椒、ニンニク、ショウガ、クローブ、シナモン、カルダモン、ナツメグ、オールスパイス、キャラウェイなどを混合したミックススパイスです。

抗酸化作用の高いスパイスを使用しているので、ORAC値も高くなります。

カレー粉

カレー粉に含まれる抗酸化物質

カレー粉には抗酸化成分ポリフェノール類の クルクミンなどが含まれています。

カレー粉の栄養成分と効能、食べ方

カレー粉の栄養成分と効能や利用法のまとめ

原産地  
plant  
主なビタミン E、K
主なミネラル 鉄、マンガンなど
効能
  • 消化促進効果
  • アンチエイジング(老化予防)
  • 免疫力の改善
  • がん予防
  • 高血圧予防
  • 殺菌作用
  • アルツハイマー病予防
  • 抗炎症作用
抗酸化物質 ビタミン:E
ポリフェノール:クルクミンなど
利用法・食べ方 カレー料理(インド料理)、肉料理、炒め物、シーフード、など 

カレー粉 よもやま話し

カレー粉の黄色い色はターメリックに含まれるクルクミンです。
あらかじめスパイスをブレンドしたカレー粉を最初に販売したのはイギリスの会社です。





抗酸化作用抜群の食品 抗酸化作用抜群の食品

抗酸化物質を含む食品メニュー