抗酸化作用のある食品 米糠

米糠 にはビタミンA、B1、B2、B3、 また鉄分、リン、ポタシウムなどのミネラルも豊富に含まれています。

糠とは精米する際に除去される果皮と種皮などの表層部分の事です。 栄養価がとても高く、100種以上の抗酸化物質や補因子が含まれていると言われているスーパーフードです。

米糠

米糠に含まれる抗酸化物質

米糠には抗酸化成分フェルラ酸、オメガ3、6、9、α-リポ酸などやβカロテンなどが含まれています。

米糠の栄養成分と効能、食べ方

米糠の栄養成分と効能や利用法のまとめ

生産国 中国/インド/インドネシア/バングラデシュ (米の生産国。生産量の多い順)
plant イネ科 イネ属
主なビタミン A、B1、B2、B3
主なミネラル 鉄分、リン、ポタシウムなど
効能
  • アンチエイジング(老化予防)
  • アルツハイマー病予防
  • 免疫力の改善
  • 抗腫瘍形成
  • がん予防
  • 心筋梗塞予防
  • 心血管疾患予防
  • 動脈硬化予防
  • 高血圧予防
  • 糖尿病予防
抗酸化物質 フェルラ酸、オメガ3、6、9、α-リポ酸、βカロテン など
利用法・食べ方  ぬか漬けなど

米糠 よもやま話し

米糠は残留農薬などが蓄積される部位でもある事から、食料としてはあまり利用されていませんが、 白米よりも栄養価が圧倒的に高い部位です。低農薬、又は有機栽培の米の糠などを利用して、料理(お好み焼き、雑炊、蒸しパン、クッキーなどなど) に追加する形で加えてみましょう。





安心の健康果物 安心の健康果物

抗酸化物質を含む食品メニュー