抗酸化作用のある食品 グースベリー(セイヨウスグリ)

グースベリーはビタミンCや食物繊維を豊富に含んでいます。

緑と赤のグースベリーがあり、赤の方がORAC値が高いとされています。

グースベリー(セイヨウスグリ)

グースベリーに含まれる抗酸化物質

グースベリーには抗酸化成分であるポリフェノール類のタンニン、ケンペロールなどが含まれています。

グースベリーの栄養成分と効能、食べ方

グースベリーの栄養成分と効能や利用法のまとめ

代表産地 西アジア/ヨーロッパ
plant スグリ科スグリ属
主なビタミン B,C
主なミネラル 鉄、カルシウム、ポタシウム
効能
  • アンチエイジング(老化予防)
  • 免疫力の改善
  • 視野の改善
  • 動脈硬化予防
  • 糖尿病予防
  • 高血圧予防
抗酸化物質 ビタミン:C
ポリフェノール:タンニン、ケンペロールなど
利用法・食べ方 生食、飲料(ワイン、ジュース、お茶)、ゼリー、ジャム、パイ、シロップ、ドライフルーツ

グースベリーよもやま話し

グースベリーはインドでは髪に良い(髪の毛の成長を助け、毛根強化をする)と、ヘアトニックなどに使われています。





抗酸化作用抜群の食品 抗酸化作用抜群の食品

抗酸化物質を含む食品メニュー