抗酸化作用のある食品 イチジク

イチジク にはビタミンB群や、カルシウム、鉄分、マグネシウム、ポタシウム、リンなどが含まれいます。

栄養価が高い果物で、食物繊維のペクチンを含んでいるので腸のはたらきを活発にします。

いちじく

イチジクに含まれる抗酸化物質

イチジクには抗酸化成分であるポリフェノール類のエピカテキン、クロロゲン酸、没食子酸、ルテインなどが含まれています。

イチジクの栄養成分と効能

イチジクの栄養成分と効能や利用法のまとめ

代表産地 トルコ/アメリカ/イラン/イタリア/スペイン/シリア
plant クワ科
主なビタミン B1、B2、B5、B6、
主なミネラル カルシウム、鉄分、マグネシウム、ポタシウム、リン
効能
  • アンチエイジング(老化予防)
  • 免疫力の改善
  • がん予防
  • 心筋梗塞予防
  • 動脈硬化予防
  • 脳梗塞予防
  • 高血圧予防
  • 糖尿病予防
抗酸化物質 ポリフェノール:エピカテキンやクロロゲン酸、没食子酸、シリング酸など
利用法・食べ方 生食、ドライフルーツ、ジャム、いちじく酒

イチジク よもやま話し

「無花果」と呼ばれますが、花嚢の内側に花が咲くので、一見花が咲かずに実がなるように見えます。





抗酸化作用抜群の食品 抗酸化作用抜群の食品

抗酸化物質を含む食品メニュー