抗酸化作用のある食品 エルダーベリー

エルダーベリー特にブラック・エルダーベリーの実にはビタミンCを豊富に含み、アミノ酸、ルティン、アントシアニンなどが含まれています。

古くからヨーロッパでは風邪に効くとされて親しまれてきました。

エルダーベリー(ニワトコ)

エルダーベリーに含まれる抗酸化物質

エルダーベリーには抗酸化成分であるポリフェノール類のアントシアニン、タンニンなどが含まれています。

エルダーベリーの栄養成分と効能、食べ方

ゴジベリーの栄養成分と効能や利用法のまとめ

代表産地 北米/ヨーロッパ
plant スイカズラ科ニワトコ属
主なビタミン A,B6,C
主なミネラル ポタシウム、鉄分、
効能
  • アンチエイジング(老化予防)
  • 免疫力の改善
  • 抗インフルエンザ・風邪
  • 視野の改善
  • 血流改善作用
  • 動脈硬化予防
  • 高血圧予防
抗酸化物質 ビタミン:A、C
ポリフェノール:タンニン、ルチン、アントシアニンなど
利用法・食べ方 飲料(ワイン、ジュース)、スープ、シロップ、ジャム

エルダーベリーよもやま話し

「医学の父」ヒポクラテスがエルダーベリーを「万能の薬箱」“medicine chest” などと呼ん事でも知られています。 ヨーロッパでは、万病を治す民間薬として、果実・花・樹皮・葉・根など、すべての部分が使われてきました。 (ただし熟してない実や葉の部分には毒性もあります。)




抗酸化作用抜群の食品 抗酸化作用抜群の食品

抗酸化物質を含む食品メニュー