抗酸化作用のある食品 クランベリー

クランベリー にはビタミンCと食物繊維、マンガンなどが含まれています。

そのままで食べるには酸味が強く糖分が低いので、アメリカではクランベリージュースが親しまれています。(生産されるクランベリーのうち95%がジュースになります。)
また、アメリカでは尿道炎、尿結石、膀胱炎などにクランベリーが効くと高く評価されています。

洗い立てクランベリー

クランベリーに含まれる抗酸化物質

クランベリーには抗酸化成分であるポリフェノール類のアントシアニン、クェルセチンなどが含まれています。

クランベリーの栄養成分と効能、食べ方

クランベリーの栄養成分と効能や利用法のまとめ

代表産地 アメリカ/カナダ
plant とはツツジ科スノキ属ツルコケモモ亜属
主なビタミン E,C
主なミネラル マンガン
効能
  • 膀胱炎予防
  • 尿道炎予防
  • 尿結石予防
  • 免疫力の改善
  • がん予防
  • 心筋梗塞予防
  • 動脈硬化予防
  • 風邪予防
  • 貧血予防
  • 高血圧予防
抗酸化物質 ビタミン:C、E
ポリフェノール:アントシアニン、エラグ酸、ケンペロール、クェルセチン、タンニン
利用法・食べ方 ドライフルーツ、ソース、ジャム、飲料

クランベリー よもやま話し

アメリカの祝日である感謝祭(サンクスギビング・デイ)のメインディッシュのターキー(七面鳥)の丸焼きには、 クランベリーソース(クランベリー、水、砂糖、レモン汁を煮込んだ物)が欠かせないものとなっています。

鳥肉と比べるとパサパサとした感触が強く、味も控えめな七面鳥が、 クランベリーソースの甘みと酸味に引き立てられます。

感謝祭のクランベリーソース




抗酸化作用抜群の食品 抗酸化作用抜群の食品

抗酸化物質を含む食品メニュー