抗酸化作用のある食品 チョークベリー(アロニア/チョコベリー)

チョークベリー特にブラック・チョークベリーの実にはビタミンCを豊富に含み、アントシアニンなどのポリフェノールが含まれています。

ブルーベリーの2倍のアントシアニンを含むと言われていて、黒、紫、赤のチョークベリーがあります。

チョークベリー(ニワトコ)

チョークベリーに含まれる抗酸化物質

チョークベリーには抗酸化成分であるポリフェノール類のカテキン、アントシアニンなどが含まれています。

チョークベリーの栄養成分と効能、食べ方

チョークベリーの栄養成分と効能や利用法のまとめ

代表産地 北米/ヨーロッパ
plant バラ科ナナカマド属アリア亜族
主なビタミン B,C
主なミネラル ポタシウム、鉄分、
効能
  • アンチエイジング(老化予防)
  • 免疫力の改善
  • 視野の改善
  • 炎症抑制
  • 動脈硬化予防
  • 高血圧予防
  • 酸化ストレス緩和
  • メタボリックシンドローム改善
  • 糖尿病予防
抗酸化物質 ビタミン:C
ポリフェノール:カテキン、クェルセチン、アントシアニン、デルフィニジン、ペチュニジン、マルビジンなど
利用法・食べ方 生食、飲料(ワイン、ジュース)、シロップ、ジャム

チョークベリーよもやま話し

チョークベリーは古くからアメリカ・インディアンに親しまれて来た食べ物で、遺跡の周辺などにもよく見かけられる植物です。 "choke"(つまる、窒息させる)という名前がついている事から、『食べられない実だ』と勘違いされる事も多い果実です。





抗酸化作用抜群の食品 抗酸化作用抜群の食品

抗酸化物質を含む食品メニュー