抗酸化作用のある食品 ブラックベリー

ブラックベリー にはビタミンC、E、K、食物繊維、マンガンなどが豊富に含まれています。

食物繊維のペクチンを含んでいるので腸のはたらきを活発にします。

木になっているブラックベリー

ブラックベリーに含まれる抗酸化物質

ブラックベリーには抗酸化成分であるポリフェノール類のアントシアニン、サリチル酸、エラグ酸、タンニン、カテキン、エピカテキン、没食子酸などが含まれています。 ブラックベリーの濃厚な黒紫色は豊富に含まれているアントシアニンによる物ですが、フルーツとして身近に食されるベリー類の中でも抗酸化物質を豊富に含んでいるのがブラックベリーです。

ブラックベリーの栄養成分と効能

ブラックベリーの栄養成分と効能や利用法のまとめ

代表産地 アメリカ(オレゴン)/メキシコ
plant バラ科キイチゴ属
主なビタミン C,E,K,葉酸
主なミネラル マンガン
効能
  • アンチエイジング(老化予防)
  • 眼性疲労改善
  • 免疫力の改善
  • 高血圧予防
  • がん予防
  • 心筋梗塞予防
  • 動脈硬化予防
  • 美肌効果
抗酸化物質 ビタミン:C、E
フェノール酸、アントシアニン、エラグ酸、タンニン、没食子酸、サリチル酸など
利用法・食べ方 生食、ジャム、ソース、パイ、スムージーなどの飲料

ブラックベリー よもやま話し

ブラックベリーの根はハーブ薬として下痢止めや赤痢などの治療に使われていたそうです。
ブラックベリーの葉、根、実は歯茎の腫れや喉の痛みなどにも効果があるそうです。

ブラックベリーに含まれるサリチル酸は、鎮痛薬、解熱薬、抗炎症薬としての効果を持つ植物ホルモンで、何世紀もの間解熱などに効果があるとして使用されてきました。

ボイセンベリーは、ヨーロッパキイチゴ、ブラックベリー、ローガンベリーの交配種で、ルドルフ・ボイセンに栽培されていた品種です。





抗酸化作用抜群の食品 抗酸化作用抜群の食品

抗酸化物質を含む食品メニュー