抗酸化作用のある食品 りんご

りんご には食物繊維などが含まれいます。

ビタミンやミネラルなどはその他のフルーツと比べてあまり豊富には含まれていないのですが、その分抗酸化物質を多く含んでいるのがリンゴです。

鈴なりリンゴ

りんごに含まれる抗酸化物質

りんごには抗酸化成分であるポリフェノール類のエピカテキン、クェルセチン、プロアントシアニディン、クロロゲン酸、フェルラ酸などが含まれています。
エピカテキンは皮の部分に多く含まれているので、皮ごと食べるのが理想的です。
品種によって含まれている抗酸化物質の量も違ってきます。

りんごの栄養成分と効能

りんごの栄養成分と効能や利用法のまとめ

代表産地 中国/アメリカ/トルコ/イタリア/インド
plant バラ科リンゴ属
主なビタミン C
主なミネラル  
効能
  • アンチエイジング(老化予防)
  • アルツハイマー予防
  • 免疫力の改善
  • がん予防
  • 心筋梗塞予防
  • 動脈硬化予防
  • 脳梗塞予防
  • 高血圧予防
  • 抗アレルギー効果
抗酸化物質 ビタミン:C
ポリフェノール:エピカテキン、クェルセチン、プロアントシアニディン、ケンペロールなど
利用法・食べ方 生食、ドライフルーツ、ジュースなどの飲料、パイ、タルト、ジャム、りんご酒、

りんご よもやま話し

アップルアレルギー:カバノキ属の花粉にアレルギーがある人は、リンゴにもアレルギーがある事で知られています。 これはりんごのプロテインに含まれる成分がカバノキ属の花粉に似ている為に起こります。





抗酸化作用抜群の食品 抗酸化作用抜群の食品

抗酸化物質を含む食品メニュー