抗酸化作用のある食品 ピンクビーンズ

ピンクビーンズにはB1、B2、B3、B5、B6、葉酸、K、などのビタミンや、 鉄、カルシウム、マグネシウム、マンガン、リン、カリウム、亜鉛、銅などのミネラルが豊富に含まれています。特にB1、葉酸、マンガン、マグネシウム、が顕著です。

ピンクビーンズは、プロテインや食物繊維、モリブデンを豊富に含んでいます。 アメリカ西海岸や、カリブ海諸国でよく食べられる豆です。

ピンクビーンズ

ピンクビーンズに含まれる抗酸化物質

ピンクビーンズには抗酸化成分であるポリフェノール、フラボノイド類のプロアントシアニジンなど が含まれています。

ピンクビーンズ の栄養成分と効能、食べ方

ピンクビーンズの栄養成分と効能や利用法のまとめ

原産国 中南米原産
plant マメ科インゲン豆属
主なビタミン B1、B2、B3、B5、B6、葉酸、K、
主なミネラル 鉄、カルシウム、マグネシウム、マンガン、ポタシウム、リン、カリウム、亜鉛、銅など
効能
  • がん予防
  • 心筋梗塞予防
  • アンチエイジング(老化予防)
  • 免疫力の改善
  • 心血管疾患予防
  • 動脈硬化予防
  • 高血圧予防
  • コレステロール抑制
  • 糖尿病予防
  • 抗炎症作用
  • メタボリックシンドローム予防
抗酸化物質 ポリフェノール:プロアントシアニジン
利用法・食べ方 スープ、サラダのトッピング、シチュー、チリコンカーン、など

ピンクビーンズ よもやま話し

ピンクビーンズに含まれるレクチン(フィトヘマグルチニン)は毒性があるので、生では絶対に食べないようにしましょう。 水に十分に浸してから、沸騰水で柔らかくなるまでよく煮ましょう。
見た目はピントービーンズ(うずら豆)に似ていて、斑の入っていない薄茶ピンクの豆がピンクビーンズです。





安心の食材 安心の食材

抗酸化物質を含む食品メニュー