抗酸化作用のある食品 ピーカン

ピーカン にはB1、B2、B3、B5、B6、E、Kなどのビタミンや、 鉄、マグネシウム、マンガン、リン、ポタシウム、カルシウム、亜鉛などのミネラルが豊富に含まれています。

ピーカンはナッツ類の中でも脂肪の割合が多いので、食べ過ぎには注意しましょう。ピーカンに含まれる ビタミンE(ガンマ トコフェロール)は悪玉コレステロールを減らす効果があるとされています。

ピーカン

ピーカンに含まれる抗酸化物質

ピーカンには抗酸化成分ビタミンE(ガンマ トコフェロール)、カロテノイド類のルテイン、ゼアキサンチンまた、ベータ・シトステロール (フィトステロール) などが含まれています。などが含まれています。

ピーカンの栄養成分と効能、食べ方

ピーカンの栄養成分と効能や利用法のまとめ

原生産国 米国中西部 メキシコ東部
plant クルミ科
主なビタミン B1、B2、B3、B5、B6、E、K、
主なミネラル 鉄、マグネシウム、マンガン、リン、ポタシウム、カルシウム、亜鉛など
効能
  • がん予防
  • 心筋梗塞予防
  • 収斂作用
  • アンチエイジング(老化予防)
  • 免疫力の改善
  • むくみの改善
  • 心血管疾患予防
  • 動脈硬化予防
  • 高血圧予防
  • コレステロール抑制
  • 美白効果
抗酸化物質 ビタミン:E(ガンマ トコフェロール)
ベータ・シトステロール
カロテノイド:ルテイン、ゼアキサンチンなど
利用法・食べ方 おつまみ(煎ったピーカンなど)、サラダ(サラダのトッピングに)、クッキー、パイ、シナモンロールなどのお菓子

ピーカン よもやま話し

アメリカ国内のピーカンの産出量は、ジョージア州、テキサス州、ニューメキシコ州、オクラホマ州の順になっています。 アメリカ大陸にヨーロッパ人が入植して来る前から、アメリカ・インディアン達の食料とされていたそうです。





安心の食材 安心の食材

抗酸化物質を含む食品メニュー