抗酸化作用のある食品 ピーナッツ(落花生 ラッカセイ ナンキンマメ)

ピーナッツ にはB1、B2、B3、B5、B6、葉酸、E、などのビタミンや、 鉄、マグネシウム、マンガン、リン、カリウム、セレン、カルシウム、亜鉛などのミネラルや食物繊維が豊富に含まれています。特にB1、B3、葉酸が顕著です。 また、必須アミノ酸やその他のアミノ酸がバランスよく含まれています。

ピーナッツ

ピーナッツに含まれる抗酸化物質

ピーナッツには抗酸化成分であるビタミンE、ポリフェノール類レスベラトロール、 p−クマル酸、 フェルラ酸 また、コエンザイム Q10も含まれています。

ピーナッツの栄養成分と効能、食べ方

ピーナッツの栄養成分と効能や利用法のまとめ

原産国 南米
plant マメ科ラッカセイ属
主なビタミン B1、B2、B3、B5、B6、葉酸、E、
主なミネラル 鉄、マグネシウム、マンガン、リン、カリウム、セレン、カルシウム、亜鉛など
効能
  • がん予防
  • 心筋梗塞予防
  • アンチエイジング(老化予防)
  • 免疫力の改善
  • 心血管疾患予防
  • 動脈硬化予防
  • 高血圧予防
  • コレステロール抑制
  • 糖尿病予防
  • 肌の衰え改善
抗酸化物質 ビタミン:E
補酵素:コエンザイム Q10
ポリフェノール:レスベラトロール、 p−クマル酸など
利用法・食べ方 おつまみ(煎ったピーナッツなど)、サラダのトッピング、ピーナッツオイル、ピーナッツバター、クッキー、チョコレート、豆菓子などのお菓子

ピーナッツ よもやま話し

世界で生産されるピーナッツの41%は中国で生産されています。

ピーナッツはナッツ類の中で最もポピュラーで、手軽に食べられる上に栄養豊富なおやつとしても重宝されていますが、 アレルギーを持っている人も多い事で有名な食品です。





安心の食材 安心の食材

抗酸化物質を含む食品メニュー