抗酸化作用のある食品 レンズ豆(Lens culinaris)

レンズ豆 にはB1、B2、B3、B5、B6、葉酸、などのビタミンや、 鉄、マグネシウム、マンガン、リン、カリウム、セレン、亜鉛などのミネラルや食物繊維が豊富に含まれています。特にB1、葉酸が顕著です。 また、必須アミノ酸やその他のアミノ酸がバランスよく含まれています。

レンズ豆は、枝豆(大豆)、アサ(果実部)についでプロテインを多く含む豆です。また、食物繊維も豊富に含まれています。

レンズ豆

レンズ豆に含まれる抗酸化物質

レンズ豆には抗酸化成分であるポリフェノール、フラボノイド類のカテキン、エピカテキン、ガロカテキンなど が含まれています。

レンズ豆の栄養成分と効能、食べ方

レンズ豆の栄養成分と効能や利用法のまとめ

原産国 西アジア
plant マメ科ヒラマメ属
主なビタミン B1、B2、B3、B5、B6、葉酸、
主なミネラル 鉄、マグネシウム、マンガン、リン、カリウム、セレン、亜鉛など
効能
  • がん予防
  • 心筋梗塞予防
  • アンチエイジング(老化予防)
  • 免疫力の改善
  • 心血管疾患予防
  • 動脈硬化予防
  • 高血圧予防
  • コレステロール抑制
  • 糖尿病予防
  • 消化増進
抗酸化物質 ポリフェノール:カテキン、エピカテキン、ガロカテキンなど
利用法・食べ方 スープ、煮込み料理、サラダのトッピング、シチュー、カレー

レンズ豆 よもやま話し

レンズ豆はオレンジ色、緑、黄色、茶色、黒など様々な色があり、大きさも色々なサイズのものがあります。 また、種類によって調理時間が違います。





安心の食材 安心の食材

抗酸化物質を含む食品メニュー