抗酸化作用の高い豆・ナッツ類

ナッツ類は脂質が高いから太る、と食べるのを気にしてしまう事が多いかもしれませんが、ナッツ類に含まれる脂質(植物ステロール)はコレステロールを下げる働きをしてくれる上に、 抗酸化物質を豊富に含んでいます。

抗酸化作用の高い豆・ナッツ類の食べ方

ナッツ類に含まれる抗酸化物質は煎る事で減ってしまうので、出来ればローストナッツより生のナッツを食べる方が良いそうです。

ナッツ類はアレルギーを持っている方もいるので全ての方にお勧め出来る食品ではないですが、 栄養効果の高い食品です。

豆類は食物繊維、プロテイン、アミノ酸などを豊富に含んでいる上に、抗酸化作用も高い健康食品です。 インゲン豆などは生で食べると毒性があるので、水に浸してから沸騰水で柔らかくなるまでよく煮て食べましょう。

抗酸化物質を沢山含んだ豆・ナッツ類リスト

ORAC酸素ラジカル吸収能力の高い豆・ナッツ類リスト

ナッツ類

豆類

キドニービーンズ、ピンクビーンズ、ブラックビーンズ、ピントービーンズはインゲン豆属の植物です。
食べ物によって含まれている抗酸化物質は違って来るので、様々な食べ物から抗酸化物質を取り入れましょう。

ビタミンとミネラル、抗酸化物質の含有量

各豆・ナッツのページに登場する主なビタミン/主なミネラルの欄には、1日あたりの必要摂取量5〜6%に満たないものは敢えて載せていません。
また、抗酸化物質もその豆・ナッツに含まれている代表的なものを主に紹介しています。





安心の食材 安心の食材

抗酸化物質を含む食品メニュー