抗酸化作用のある食品 カウピー(ササゲ)

カウピー(ササゲ)にはB1、B5、B6、葉酸、などのビタミンや、 鉄、マグネシウム、マンガン、ポタシウム、リン、亜鉛、銅などのミネラルが豊富に含まれています。特にB1、葉酸、マンガン、マグネシウム、が顕著です。

カウピー(ササゲ)は、プロテインや食物繊維を豊富に含んでいます。
カウピー(ササゲ)の中でも、クリーム色に黒の点を持つ物を、ブラック・アイ・ピー(黒目豆)と呼びます。

カウピー(ササゲ)

カウピー(ササゲ)に含まれる抗酸化物質

ここでは、特にブラック・アイ・ピー(黒目豆)の栄養を紹介します。ブラック・アイ・ピーは抗酸化成分であるポリフェノールの ネオクロロゲン酸、クロロゲン酸、コーヒー酸などが含まれています。

カウピー(ササゲ) の栄養成分と効能、食べ方

カウピー(ブラック・アイ・ピー)の栄養成分と効能や利用法のまとめ

原産国 アフリカ原産
plant マメ科ササゲ属
主なビタミン B1、B5、B6、葉酸、
主なミネラル 鉄、マグネシウム、マンガン、ポタシウム、リン、亜鉛、銅など
効能
  • がん予防
  • 心筋梗塞予防
  • アンチエイジング(老化予防)
  • 免疫力の改善
  • 心血管疾患予防
  • 動脈硬化予防
  • 高血圧予防
  • コレステロール抑制
  • 糖尿病予防
  • 抗炎症作用
  • メタボリックシンドローム予防
抗酸化物質 ポリフェノール:ネオクロロゲン酸、クロロゲン酸、コーヒー酸
利用法・食べ方 スープ、サラダのトッピング、シチュー、カレー、など

カウピー(ササゲ) よもやま話し

熱や乾燥に強いのでアフリカでも良く収穫され、食される豆です。アフリカ、中国、インド、スリランカ、アメリカ、モロッコ、様々な国で食されています。

カウピーの種類色々
  • ブラック・アイ・ピー(黒目豆)、パープル・アイ・ピー
  • ブラウン・アイ・ピー
  • クラウダー(球状。さやにびっしり詰まっている事からこの名前がついたそうです。)
  • クリーム(クリーム色で、黒目部分のないもの)
  • クレイ(茶色、アースカラー)




安心の食材 安心の食材

抗酸化物質を含む食品メニュー