抗酸化作用のある食品 ココアパウダー(カカオ)

ココアパウダー(カカオ)にはB2、B3、葉酸、などのビタミンや、 鉄、カルシウム、マグネシウム、マンガン、ポタシウム、リン、亜鉛、などのミネラルが豊富に含まれています。特に、 鉄、マンガン、マグネシウム、リン、食物繊維が顕著です。

ココアパウダーは、カカオ豆からココアバター(脂質)を取り除いたもので、 チョコレートを作るのなどに使われます。

ココアパウダー

ココアパウダーに含まれる抗酸化物質

純粋なココアパウダーは、多い物で重さに対して10%近くもフラボノイドを含んでいます。(製造法でも異なります。) 抗酸化成分であるポリフェノール(フラボノイド)の エピカテキン、カテキン、プロシアニジンなどが含まれています。

ココアパウダーの栄養成分と効能、食べ方

ココアパウダーの栄養成分と効能や利用法のまとめ

原産国 中央アメリカ〜南アメリカの熱帯地域
plant アオイ科カカオ属
主なビタミン B2、B3、葉酸、
主なミネラル 鉄、カルシウム、マグネシウム、マンガン、ポタシウム、リン、亜鉛、セレンなど
効能
  • がん予防
  • 心筋梗塞予防
  • アンチエイジング(老化予防)
  • 免疫力の改善
  • 心血管疾患予防
  • 動脈硬化予防
  • 高血圧予防
  • コレステロール抑制
  • 糖尿病予防
  • 抗炎症作用
  • メタボリックシンドローム予防
抗酸化物質 ポリフェノール:エピカテキン、カテキン、プロシアニジン
利用法・食べ方 ココア、チョコレート、ケーキ、ブラウニー、アイスクリームなど

チョコレートの抗酸化作用

ココアパウダーが多く含まれるチョコレート程、抗酸化作用も強くなります。 また、チョコレートのエピカテキンは体内に迅速に吸収されます。
ORAC値は、無糖ココアパウダー>無糖ベーキング用チョコレート>ダッチプロセスチョコレート パウダー>ダークチョコレート>セミスイートチョコレート>ミルクチョコレート
の順に高くなっています。

ココアパウダー よもやま話し

ココアに含まれるエピカテキンについてはこちらの エピカテキンのページを参照して下さい。





安心の食材 安心の食材

抗酸化物質を含む食品メニュー